2008年06月04日

書籍

本を買うといえば、従来は最寄の書店に行って購入するというのが、当たり前の行為だったのですが、最近はどうも事情が異なるようです。

まず第一に、出版不況と言われています。

本か売れない・・・・・。

そのせいか老舗と言われていた大手の都市型の書店も、廃業の憂き目に会っています。

地方都市では、言うに及ばず・・・・・。

5〜6年前の約半分程度にまで、落ち込んだとのデータもあるそうです。

その割には、様々な新刊本が、出版されています。

要は、本を買う人が少なくなっているという事と、売れる本に大きな偏りがあると言う事です。

付和雷同とでも言いましょうか・・・、売れている本を読むと言う傾向が強くなっているそうです。

そうすると売れる本は益々売れる、売れない本は全く売れない・・・。

こうした二極化が、業界全体のパイを小さくしているような気がします。




発毛の軌跡
posted by ぎん at 21:47| Comment(50) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

おにぎり

コンビニの代表格と言えば、「おにぎり」ですね。

アメリカなら「ハンバーガー」でしょうが、日本なら「おにぎり」です。

米飯の中に、好みの具を入れて、丸または、三角に握る・・・。

日本人なら必ず食べたことのある、懐かしい、また日常的な食べ物です。


各コンビニには、はたして何種類の「おにぎり」があるのでしょうか?

お店に並んでいるものだけでも、数十種類はあるでしょうが、季節限定や、地域限定を含めれば、数百種類に及ぶのではないでしょうか。

これには、人気薄で消えていったものは、含まれていません。

それらを合計すると、数千種類・・・・・。

また社内審査を通過する前の、試作段階を入れれば、その何倍にもなることは想像できますね。

たかが「おにぎり」されど「おにぎり」です。

発毛ライブ
posted by ぎん at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

コンビニの淘汰

コンビニのスクラップ&ビルドが進んでいますね。

以前まであった場所に、シャッターが閉まったままの店舗がポツリ・・・・・。

フランチャイズ展開をしている為に、採算分岐点を割り込んだ店は、ある程度のてこ入れはされますが、時期が来ればさっさと閉じられてしまいます。

ブランドイメージもコンビニの重要な戦略の一つなのです。

より集客の見込める場所への、店舗展開を進めるべく、様々な試みがされているようです。

お弁当や、スイーツ、新しいサービスの提供など、お店の人には大変なことばかりですが、頑張って欲しいものです。


毛髪再生
posted by ぎん at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

ランキング

どこもかしこもランキング表示が、花ざかりです。

各商品の口コミとそれらを集計し、数字のデータに置き換え
ランキング形式にて、公表する手法が消費者の指示を集めています。

口コミでのここの意見は、使う側にとっての感情に訴えかけてきますが、
ランキングによる数的な表示は、それらを裏付ける理屈として
機能しているのです。

一つは自分自身の消費行動の正当化・・・。

もう一つは、付和雷同型とでも言いましょうか、世間のトレンドと
自分は同じ方向を向いているんだと言う安心感・・・。

これらは全て後付の理屈ですが、最初の情動的購入は説明がつかない
ものだけに、何とか説明のつく理由を探す事で、自分自身を
納得させているのかもしれません。




発毛
posted by ぎん at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

口コミ





宣伝媒体としての第三勢力とでも言いましょうか・・・。

実際には、どの宣伝方法よりも強力で、各企業がこぞって
欲しがる告知の方法・・。

それは「口コミ」です。

この口コミの威力の凄まじさたるや、どんなメディアも叶わない!

ここ数年のブログブームというか、一般の消費者目線での感想が
誰にでも発信でき、また受け取る事が可能になった為、口コミの
威力が更にパワーアップしています。


そうした口コミを集めたサイトも数多くあり、有名なブロガーには
専門のリサーチ会社が、発売前の新商品のモニタリングを依頼して
くるほどとなっています。

そうしたフィルターをいくつも潜り抜けた商品が、ようやく
世に出ることが出来るのです。


発毛日記
posted by ぎん at 04:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

試供品

各メーカーは、新しい製品を世に送り出す時に、その製品の告知を
する為に、様々な手法を用います。

その一つが「試供品」の配布。

街角など人の集まりやすい場所で、大々的なキャンペーンを
行うことも少なくありません。

試供品には、新しく発売される製品のエッセンスが詰まっているのです。

その形や、ネーミング、使い心地、値段など製品のミニュチュア版である
試供品には、重要な役目が任されているのです。

東京には、会員登録をすれば自由に持ち帰りができる試供品専門の
お店があります。

自分の興味のあるものを持ち帰り試して、その感想をブログなどに発表する・・・。

これも企業や消費者にとって、重要な宣伝と選択の機会となるのです。



育毛
posted by ぎん at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

レシート

コンビニに限らず、何か物を購入すれば、代金の支払いに対して
「レシート」が発行されます。

このレシートには、その度ごとの消費行動の全てが、記載されているのです。

購入日、時間、購入品、支払方法、支払額、つり銭、利用した店名、
レシートの任意の番号、広告etc・・・・。

渡されるレシートにはこれだけですが、レシートを打ち込む側の情報量は、あと幾つかの項目が追加されているのです。

数センチ四方の小さな紙にこれだけの生の情報が詰まっています。

これらを綿密に分析する事によって、消費行動が明らかになり
次の戦略を立てる上での重要な資料になるのです。

今までレシートを貰わずにいたアナタ。

そこには、いろいろなヒントが詰まっているのですよ!



発毛治療
posted by ぎん at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

コンビニ

コンビニでの買い物は、現代のものの買い方の特徴的な面をよく
表現していると思うのです。

そうは広くない店内を、買い物籠をぶら下げてあれこれ欲しいと思うものを手に取る・・。

そしてレジでの精算風景を見ていると、なによりここにしかない消費の現実が見られます。

よく売れた商品は、再度補充の対象となり、いつまでたっても売れない商品は、陳列棚から消え去ります。

コンビニの商品管理のデータこそが、今起こっている消費行動の
動かぬ証拠なのです。


発毛日記

posted by ぎん at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

ものの買い方

男性は、あれこれ資料やカタログを取寄せ、比較検討しながら
購入する対象を絞っていきます。

それに対して女性は、一番頼りにするのは、自分の感性!

自分自身でピンと来たものが、自分にとって一番よい買い物になるのです。

いわゆる衝動買いもこの延長線上にあります。

普段の買い物には、数円単位で細かくなるのに、心を動かされて
イザこれと決めて買う段階になると、思い切りのよさが目立ちます。

故に、値段ばかりに特化した商品よりも、女性特有の感性を捉えた
商品の方が、購入後の満足度も高いようです。


育毛日記
posted by ぎん at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

ものを買う理由

人がものを買う理由とはなんでしょうか?

欲しいから、必要だから、勧められたから・・・・。

いろいろな理由があるでしょうが、結局は(特に女性の場合)

「何でか分からないけど買っちゃった!」

というのが正解だそうです。


男性の場合は、あれこれ理由を考え納得してから行動に移りますが
女性の場合は、エモーショナル!!

「情動」こそが、購入の大きな動機となるそうです。



発毛
posted by ぎん at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。